好意か信頼か下心かを見分ける男性からのボディタッチの特徴

ボディタッチ 好意 下心 見分ける

 

「このボディタッチの意味はなに?」
「好意があるの!?」

 

男性からのボディタッチ
戸惑っている女性は多いでしょう。
もしそれが自分も好意のある男性だったら、

 

嬉しい反面、戸惑い反面…というところでしょうか。

 

 

すっごく社交的な男性じゃない限り、
男性から軽くボディタッチをすることはありませんよね。
「セクハラ!」なんて言われたら
溜まったもんじゃないと思います。

 

女性はすぐに思ったことを口にしたがる生き物。
それを男性はわかっているので、
自分から軽々しくボディタッチなんて
しようとは思っていません。

 

男性のボディタッチには≪意味≫があります。
それは、好意なのか、それとも信頼なのか…
実際はわかりませんが、
それとなく検討は付けておきたいですね。

 

 

男性はボディタッチをする時に人を選ぶ

 

ボディタッチ 好意 下心 見分ける

 

  1. ガードが堅そうな人
  2. ガードが緩そうな人

 

あなたならどちらにボディタッチができますか?

 

男性のボディタッチには3つの種類があります。
一つは好意がある女性にするボディタッチ。
ただ触れたい、近くにいたいという思いから
無意識にボディタッチをしてしまう行為です。

 

好きな人や気になる人、お近づきになりたい人にするボディタッチです。

 

もう一つは、下心のボディタッチ
触りたい、女性だから、という性欲の強いボディタッチです。

 

簡単に言えばやりたい一心で行う行為です。

 

最後に、信頼からくるボディタッチ
気の許した人であれば、ボディタッチなんて気にもとめませんよね。
もし男性から信頼のボディタッチをされるとしたら、
その人からは「気の許せる女友達」としか
思われていないということ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

女性なら好意がある相手に
ボディタッチをする事が多いですよね。

 

男性のボディタッチは種類が多いながらも、
実は見分けやすい!
なぜなら、人を選んでボディタッチをしているからです。

 

好意があるならもちろんその人にだけ
ボディタッチをするでしょう。

 

ですが下心の多い方は、
色んな女性にボディタッチをするはず。

 

気の許した仲であれば、
触ろうという思いが全くなくても
ボディタッチをしているんです。

 

実際に自分で実践してみるとわかりやすいと思います。

 

好意のあるボディタッチには躊躇が生まれます。
ですが友人へのボディタッチには
躊躇いがないんです。

 

下心のボディタッチは「見え見え」

 

解り易いと思いませんか?

 

しいて言えば、
「信頼」と「好意」の区別はつきにくいということ。

 

出会ったばかりの仲であれば、
信頼のボディタッチは生まれないはずなんです。

 

ですが、長年の付き合いの場合は、
気持ちがいつ変わるかわからない為、
区別がつきにくいんです。

 

 

好意のありそうなボディタッチとは?

 

ボディタッチ 好意 下心 見分ける

 

先程こんな質問をしましたよね。

  1. ガードが堅そうな人
  2. ガードが緩そうな人

あなたならどちらにボディタッチができますか?

 

そう。
男性のボディタッチは
女性側のガードによって変わります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ガードが緩ければ
どんなボディタッチか見分けることは難しい。

 

男性はボディタッチをする時に
「ガードはどれくらいか」を確かめます。

 

もし好意のあるボディタッチなら、
ガードを確かめながら
≪肩・手・背中≫
ボディタッチをするでしょう。

 

手に触れるという事は
限りなく好意の現れ。

 

肩や背中は
「守ってあげたい、俺のものにしたい」という
好意+独占欲の現れです。

 

 

好意か信頼か下心かを見分けよう!

 


守りたい、愛おしい、妹のような存在

 

 


一緒にいたい、近づきたい

 

 


相手がそばにいると感じたい

 

 


自分のものにしたい、自分をアピールしたい

 

 

下半身
下心丸出し

 

 


愛おしい、確かめたい

 

 


触れていたい、ぬくもりを感じたい

 

 


女性として愛おしい、守りたい

 

 

出会って間もないのに
やたらとボディタッチをしてくる男性は
下心がある場合が多いのでご注意を。

 

それ以外のボディタッチは
もう行動と言葉で見分けるしかありません。

 

もし好きな彼が好意のあるボディタッチをしてきたら、
あなたも好意のあるボディタッチをし返してみましょう。

 

そこから、物語が始まるはずです。